新興国の通貨が高金利な理由

外国通貨を利用した投資を行う場合、重要なポイントとなるのがその国の通貨金利です。要するにその国のお金として保有している場合、どの程度の金利が発生するのかということです。この金利差を用いる投資方法のことをスワップ投資、スワップポイントと呼ぶこともあります。この方式の場合、まず自国通貨の金利が低いこと、そして投資対象の通貨の金利が高いことがポイントです。日本円の通貨金利は0.1%と極めて低いため、前者については間違いなく満たしています。これは要するに、国内に日本円として保有していても利息による利益が発生しにくい、ということです。実際、貯金をしていてもほとんど増えた気がしないでしょう。

ただ、この通貨金利というのは要するにその通貨の信頼度を示しているものでもあります。金利が低いということはリスクが低いということであり、信用出来る通貨であるということです。新興国のように安定していない国の通貨の場合には高金利になりますが、その分だけその国の情勢が悪化してしまう可能性が高く、リスクも大きいということは理解しておかなければなりません。

金利差を利用した取引については下記サイトにも紹介されています。詳しくはこちら。より多くの情報を得て取引を行いましょう。

No Comments

先物取引の投資対象はなにか

投資の方法の一つとして「先物取引」というものが有ります。ここではこの先物取引がどのような仕組みのものであるのかについて紹介します。先物取引というのは、価格や数値などに変動が発生するようなものを対象にして、決まった時点における売買を約束することで行われる投資、ということになります。つまり、決まったタイミングにおいてこれだけのものをこれだけの値段で売却する、ということを約束しておくことになるわけです。仕入れの金額がその値段よりも安くなれば利益が発生し、高くなれば損益が発生する仕組みです。

それでは、先物取引において取引の対象となるのはどのようなものでしょうか。まずは農産物のような、収穫量に違いが発生するものが考えられます。こういったものはその年の取れ高によって価格が変動することになるため先物取引において利用することが可能です。

また、資源についても同じく先物取引で利用することができます。例えばガソリンなどはその時々で価格が変動する仕組みとなっているために先物取引の効果が発生します。これ以外にも、貴金属のようにレートが存在しているものについては投資の対象として利用することが出来る仕組みとなっています。

No Comments

株式投資のシステムを知る

投資の方法の一つとしてよく採用されるのが「株式投資」というものです。では、この株式投資というのはどのような仕組みのものなのでしょうか。株式というのは「株式会社」と呼ばれる仕組みで運営している企業の資金源となるためのものです。投資家が株式を購入することにより、その費用が企業の運営費用として利用されることになるために、事業拡大などに効果を発揮するわけです。

株式投資が投資としての効果を持つのは、常にこの株式の売買価格が一定ではないことです。企業の規模が大きくなり、投資された金額が大きくなるほどレートが高くなっていきます。こうした価格の差が生じることを利用して株式投資を行うことになるわけです。

つまり、安い時に購入した株式を高い時に売却することによって、その差が利益となることになります。こういった投資の方法のことをキャピタルゲインによる投資と呼びます。

また、株式投資は株式を売却することによって利益を得る形式だけではなく、保有し続けることによって利益を得る形式も存在します。こちらは配当金や株主優待等によるメリットを狙っているものです。こちらはキャピタルゲインに対してインカムゲイン、という名前で呼ばれます。

No Comments

海外投資の対象国はどこがいいか

国内ではなく海外に対して投資を行う場合、どこの国に対して投資を行うのかが重要なポイントとなります。その際考えるべきなのは、まず先進国と発展途上国、どちらを投資対象とするべきなのか、ということです。これについては、基本的には発展途上国を投資対象とした方が良いと言えます。

その理由は、投資というのは発展性に対して行うものであるためです。現在まだ発展途上である場合、通貨レートの問題から必要となる投資額は少なく済みます。これが将来的に経済的成長を遂げた場合、リターンのレートが高くなるために利益が大きく生まれるわけです。

ただ、発展途上国に対する投資はリスクが大きいのも事実です。予想した通りに発展していくとは限らないため、失敗した時に大きなリスクを背負う事になってしまいます。そうならないようにするために、十分注意して投資対象を選ばなければなりません。

先進国に対して投資を行うのであれば、産業国を選ぶのがポイントとなります。特に自然資源等を多く持っている国を投資対象とするのであれば、将来性を担保することが出来るためです。先進国であるために発展途上国のようなリスクは少なく、比較的安定した投資対象として利用が可能です。

No Comments

バブル経済と不動産投資

資産運用の方法の一つとして、不動産投資というものが有ります。この不動産投資については、30年前と現在とで大きく状況が変化しました。株式投資に取っての大きな分水嶺となったのが「バブル経済」の存在です。バブル経済というのはそもそも不動産投資の加熱によって生み出された熱狂的な好景気でした。

バブル経済の問題は、実体経済の成長率がそれほど高く無いのに対して、土地の価格だけが急激に上昇したことです。これによって一般層までも巻き込んだ大規模な投資競争に発展することになりました。基本的に土地の価格も市場価格の原理と同じく、需要が集まる程高くなっていきます。これにより、投資が投資を生み、土地の価格を高騰させ続ける結果となりました。その結果、バブルの崩壊に伴い保有している土地の価格が暴落、大赤字を被った企業が多く存在していたということです。(銀行も例外ではありませんでした)

現在において、不動産投資の形は大きく変わりました。当時は土地を購入し、価格が上がった所で売却するという方式で行われていたのが、土地を購入して開発し、それを運用することによって利益を得る形に変化しています。キャピタルゲインからインカムゲインに変化したわけです。

No Comments